年収600万の男が脱サラして起業した

脱サラした男が物販と投資で生活しながら情報発信しているブログです。

35歳で脱サラ!背水の陣で挑む中国輸入販売

f:id:fdjids64fgg:20190418021740p:plain




はじめまして。
流聖と申します。

牧畜が盛んな北の大地で暮らす
35歳、独身のサラリーマンでした。

過去形です。

なぜなら私は、脱サラしたからです。

サラリーマン時代の年収は600万円で、
地方暮らしの割にはそこそこ収入がある部類だったのですが、
私はサラリーマンを辞める数年前から
自分の生き方に疑念を抱くようになっていました。


自分はこのまま、
一介のサラリーマンとして
会社に人生を捧げて良いのだろうか?

若いうちに出世してそれなりの役職にもついて、
周囲からうらやましがられてはいるが、
今の自分は、自分が望む姿なのだろうか?

収入が良くても遊ぶ時間も満足に無く、
毎日毎日家と会社を往復するだけ…。

正直、仕事に魅力を感じているわけでもない。

今の時代、サラリーマンという立場は不安定で、
将来も全く見えない。

私はそんな人生を望んでいたのか?
もっと自由な生き方をしたかったのではないだろうか…?


そう思った私は、
1年ほど前に副業として中国輸入販売を始めました。

中国輸入販売といえば、
ECサイトに莫大な数の商品を登録し、
注文が入ったらタオバオやアリババなどの中国のECサイトから
商品を仕入れて発送するという流れのものを想像する人が多いと思います。

しかし、
私が始めた中国輸入販売はそれとは全く異なるものでした。

え?
他に中国輸入販売の方法なんてあるの?
そう思った人も多いでしょう。

私の中国輸入販売は
モノがまるで違います。

たくさんの種類の商品を売るのではなく、
数種類だけの商品、
それも完全オリジナル商品を売っているのです。

自分で考えた
「こんなものが欲しい」
と思った商品を中国の業者に発注し、
それをアマゾン、ヤフーショッピング、楽天市場といった
大手ECサイトで販売しているのです。

なぜ、オリジナル商品なのか?
そんな疑問を抱く人もいるでしょう。

たしかに、
オリジナル商品を考えるのは大変そうだし、
発注するのも難しそう。
既存の売れている商品を売った方が
コストもリスクも低いのではないか
と思う人は少なくないと思います。

しかし、
オリジナル商品を考えて売る方が
今売れている商品と似たようなものを売るよりも
ずっと大きな利益を得ることを期待できます。

今売れている商品と同じものを売ろうとしても、
同じことを考える人はたくさんいるため、
ライバルはどんどん増えていって
最終的に価格崩壊、
すなわち値崩れしていってしまいます。

一方、
オリジナル商品を販売すれば、
同じものを販売されて値崩れしてしまうことを
心配する必要はありません。

一度オリジナル商品を作り上げることができたなら、
血眼になって売れている商品を
リサーチし続ける必要もありません。

売り切れれば再度発注して
補充すれば良いだけというのも
オリジナル商品を販売することの魅力の1つです。

オリジナル商品を考えて発注、
ECサイトへの商品登録を済ませさえすれば、
ECサイトが365日24時間
自分に代わって商品を売ってくれます。


私は2018年6月にサラリーマンを辞めました。

この時点で中国輸入販売の利益は月々5万円ほど。

このままでは地方暮らしといえども
当然まともに生活することができません。

しかし、私はこの中国輸入で稼いでいくことを決め、
サラリーマンを辞める前にオリジナル商品を2000個発注しました。

これらの商品が売れなければ、
次の商品を仕入れるお金はありません。

一世一代の大博打です。

それでも、
最初から諦めて
何も売らなければお金を得ることができません。

ビジネスを飛躍させるためにはお金が必要です。

だから、
失敗を恐れずに突き進むしかなかったのです。

まさに背水の陣。

果たしてこの商品は売れるのか…?


このブログには
脱サラした私に実際に起きた出来事を書き綴っていこうと思います。

同じように脱サラしたいと考えているという人は
ぜひ応援してください。

こちらから応援をクリック👇


輸入・輸出ビジネスランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村